ギャンブラーのための格言集

24/04/2021
37
Views

多額の賞金を得られるギャンブルにのめり込む人は多いですが、負けたときの備えをしておくのも重要です。ギャンブラーを奮い立たせる格言の助けを借りれば、大金を得ることも夢ではありません。ギャンブルの格言を日々読めば気持ちが前向きになり、勝とうという意欲が湧いてきます。気持ちが上向けば運も向いてきます。だからこそ、ギャンブラーは格言を読むのです。

ギャンブル格言集

ギャンブルの格言を紹介していきます。

勝っているうちが引き際。腕の立つギャンブラーはみなそうする。

勝っているうちに降りるべきという教訓を伝える一言。賢いギャンブラーの成功の秘訣。

負けを取り戻そうとしてギャンブラーは破滅する。

勝ちも負けもギャンブルにはつきもの。なのでギャンブルに臨むときは、数多の負けのあとに来る最高のチャンスを待たなければなりません。ただ、引き際を見極めるのも肝心。降りるべきときに降りないと痛い目を見ます。

賭けで勝った金は働いて得た金の倍甘い

ギャンブラーの心理を表した一言。大勝ちしたギャンブラーの心の内は言葉で表せるものではありません。働いて最初の給料をもらったときの興奮もしのぐものです。

勝ち馬への賭け金はいつだって足りない」

まさに人間の心理。勝てばもっと賭けておけばよかったと思ってしまうのがギャンブラーです。

ゲームの腕とは実のところ、金をどう扱うかにかかっている

ギャンブルはお金がすべて。ゲームにおいても、お金をきちんと管理してはじめて勝てる、この一言にそれが集約されています。

「ギャンブラーの大罪とは、自分のミスを悪運と思い込むこと」

ギャンブラーの心理を言い表した言葉。ゲームで負けているプレイヤーは運が悪いから負けたと考えがちです。これはギャンブラーなら当たり前の心理ですが、それは愚かなことだと戒めています。

Article Categories:
ギャンブラー

Comments are closed.