人気の高いギャンブル格言

24/04/2021
491
Views

ギャンブルはいつの時代も人気でした。

「ベラジョン」オンラインカジノ実践版でベラジョンプレイ方法をチェック!

人気の格言やことわざ、また物語や歌の歌詞まで、ギャンブルに触発されてさまざまなものが作られたことは驚くに当たりません。この記事では人気の高いギャンブル格言を集めました。カジノプレイヤーならきっと気に入ることでしょう。

書籍に見るギャンブル格言

小説にはギャンブルについての格言が多く出てきます。出来事を説明する際にカジノやギャンブルを例えに出す作家は多く、ギャンブルがもつ運や不安といった要素は物語の、ひいては人生におけるメタファーとして非常に効果的です。

ラスベガスなどのカジノの名所がストーリーの舞台に選ばれることもあります。イアン・フレミングが書いたジェームズ・ボンド1作目『カジノ・ロワイヤル』や、ロシアの作家フョードル・ドストエフスキーの『賭博者』など、カジノを舞台とした素晴らしいギャンブル描写のある名作文学もあるのです。有名な書籍のギャンブル格言をここで見ていきましょう。

「ボンドはそのやり方について弁護はしなかった。努力と工夫を注げば注ぐだけギャンブルで多くを得られる、という立場を単に通した」 イアン・フレミング、『カジノ・ロワイヤル』

イアン・フレミングの『カジノ・ロワイヤル』は2006年、ダニエル・クレイグをボンド役に据えて映画化されました。

フョードル・ドストエフスキーが26日間で執筆した『賭博者』は、ドイツの架空の町ルーレッテンベルクが舞台。クアハウス・カジノ・バーデン=バーデンという、実在の由緒あるカジノでの出来事が描かれます。

「迷信を抱くことなくカジノのテーブルにつくことなどできようか?」 フョードル・ドストエフスキー、『賭博者』

多くのギャンブラーに響くことでしょう。運を呼び込もうと験担ぎをするのは、あなたにも覚えがあるのでは?

フィクションの父と称されるマーク・トウェインはポーカーの才能もあり、作品内で何度もポーカーについて触れています。そんな彼はギャンブルについて、少しのジョークを交えた格言を残しています:

ラスベガスの格言

ギャンブルの格言を語る上で、『ラスベガスをやっつけろ』でカルト的人気を博したハンター・S・トンプソンは外せません。薬を使うかたわらで、彼は1960年代を通じ、ラスベガスにあるサーカス・サーカスカジノの衝撃的な内幕を世に発表しました。

「異国の宮廷さながらの光景だった。4階建ての建物の一番下の階はゲームのテーブルで埋め尽くされ、残りの階はどこもプリンセスのお城のように飾り立てられている。田舎の祭りやポーランド風のカーニバルなど、あらん限りの馬鹿騒ぎがそこかしこで繰り広げられていた」 ハンター・S・トンプソン、『ラスベガスをやっつけろ』

『ラスベガスをやっつけろ』のこの一節には、1960年代のラスベガスの様子が表されています。

映画に見るギャンブル格言

ギャンブルはウェブサイトや小説だけでなく、その魅力は多くの大作映画をも生み出すきっかけを作りました。映画のギャンブル格言はジェームズ・ボンドだけではありません。ギャンブルにまつわるストーリーは数多くあり、そこから有名なギャンブル格言も生まれています。

Article Categories:
ギャンブラー

Comments are closed.